My Way. Love My "like"...♪

「私らしく、私の好きを大切にする」日々、大切にしている好きなこと。

つくば インド・ネパール料理の「マヤデビ」で家族ランチ

ご無沙汰いたしております。松山です。

 

食レポもたまっている今日この頃。マイペースにレポートしてまいります。

 

今日ご紹介するのは、つくばの「マヤデビ」というインド・ネパール料理のお店です。

 

インド料理は、めったに食べることがありません。嫌いというわけではなく、なんとなく辛そう…という勝手なイメージ。

 

今回は、パパチョイスで行ってきました!!

 

スーパーなどに置かれているクータの地域冊子をご存知ですか?

 

今、クータではお得なランチパラダイスを今年11月30日まで企画しています。もし、外食が多くて色々と行ってみたい!とお考えなら検討してみるといいかもしれません♪

 

その中で見つけたマヤデビさんです。

 

食レポ

まずは、お子様ランチ。

f:id:mami-ne:20171009052720j:plain

 

写真からは分かりにくいですが、ナンの大きいこと!! 子供サイズでこれ!?って思ってしまいます。

その割に、カレーが少ないような…?

 

カレーは、マイルドで全く辛くないもの。むしろ甘みがしっかりとあります。

ナンは、ふわふわしていてとてもおいしい。

 

f:id:mami-ne:20171009052946j:plain

こちらは、長男が頼んだもの。

名前は忘れました…2種類のカレーが選べます。カレーの辛さも選べるので、一番辛くないものにしました。

 

左側のカレーは、大豆が入ったものの様。インドのカレーは、とてもヘルシーなので実は私向きだと思っています。 右は、店員さんがおすすめしたものでお子様ランチのカレーと同じです。

 

本当は、長男が頼んだメニューは、カレーの種類は固定だったのです。

でも、子供には向かないカレーだったのか、店員さんの配慮で選ばせてくださいました。ありがとうございます。

ただ、左のカレーは甘口でも子供には辛かったようです。大人には辛くない程度の味ですが…

 

パリパリしたチップもおいしかったです。

 

次は、私が頼んだハーフ&ハーフ。(これは、クータのランチパラダイスなら500円になる)

f:id:mami-ne:20171009053514j:plain

 

カレーは、2種類選べます。私は、チキン入りのほうれん草カレーとキーマカレー。辛いのは苦手なので、甘口です。

 

甘口でも、キーマカレーは辛かったです。もちろん、味はグッド!!

 

ほうれん草カレーは、辛くなくおいしい。

 

ナンにつけながらどんどん食べられます。

 

旦那が頼んだのは、タンドリーチキンがついているもの。

f:id:mami-ne:20171009053907j:plain

こちらも、2種類のカレーを選びました。

チキンも、ソーセージもさっぱりしていておいしいです。なぜに、こんなに赤みが強いのか?という疑問もあったりしますが…

 

お店の雰囲気

長屋風のテナントの一角にあるマヤデビさん。

休日お昼の12時過ぎに行ってみると、結構混んでいました。

待ち時間はなくて済んだものの、ほぼほぼ満席状態です。

 

古そうなシャープのテレビからは、現地のテレビ番組が流れています。(録画かな?)若干、キスシーンあるじゃん!!と、子供がいるときには、ドキマギしてしまう(笑)

 

店員さんも料理人さんも現地の方の様です。片言の日本語で接客してくださいます。

 

店内の雰囲気からすると、小さなお子様向けではありませんでした。子供用のいすも見当たりません。幼児になってから、うちの息子のように5歳くらいでしたら、お子様ランチをバクバクと食べてくれるかな?

 

最後

 

お会計後に、フェンネルの種をパクリ。 量が多すぎて、吐き出す始末"(-""-)"

 

外国の料理は、そうゆうところが謎なのであまり行かないのかもしれません。

 

それでも、味はおいしく、カレーもたくさんの種類から選べるので、次はほかのカレーを食べてみたいな!と思うお店でした。

 

www.mayadevi-jp.com

黒豆の煮汁。捨てるのはもったいないのでおやつリメイクしてみました♪

こんにちは、マミーネの松山まなみです。

 

2級骨格スタイルアドバイザー&1級カラーコーディネーター

 

我が家では、黒豆が大好きな私と息子たち。

 

なので、冬になると黒豆煮を何度も作ります。

 

最後の黒豆煮をした後、煮汁が結構残ってしまいました。

 

そのまま、捨てるのは勿体ない。でも、飲むのもきついですよね(笑)

 

なので、とりあえず冷凍庫に保存しておきました。

 

黒豆煮汁をおやつにリメイク。簡単なのですぐに作れた。

 

冷凍しておいた煮汁をどうにかしようと考えたのが、ホットケーキにしてしまうこと。

なので、時間があったときに試してみました。

 

f:id:mami-ne:20170908163335j:plain

 

<用意するもの>

 

これだけなので、「卵がない!」とか「牛乳がない!」という心配もいりません。

 

<作り方>

 

  1. 煮汁と粉を混ぜる。分量は、ホットケーキミックス粉のパッケージにも書いてあるので、水分量は調整してください。
  2. 弱火で、焦げないように焼く。両面で3分から4分で焼けました。

 

以上です!!すごく簡単。

 

注意点としましては、煮汁にも砂糖が入っているので、焦げやすいです。

私は、一枚すっかり焦がしてしまいました。。。

 

お味はいかが?

 

この黒豆ホットケーキのいいところは、マーガリンとかホイップ不要。そのまま食べておいしいところ。

あとは、冷蔵庫に入れて数日保存しててもパサつかなかったです。

 

f:id:mami-ne:20170908163753j:plain

 

黒豆も一緒に冷凍しておくと、所々に黒豆があって、子供が喜んでいました♪

簡単なので、この冬に黒豆煮を作ったら、おやつにも活用してみてください。

黒豆煮に参考になった本は、こちらの記事で書いています。

 

mami-ne.hateblo.jp

 

ジューシーな青リンゴを探せ!!アクアパーク品川でイルカショー。

こんにちは。

 

この前、アクアパーク品川に行ってきました。

ハプニングとしては、旦那がしながわ水族館だと思って、そっちに始め行ってしまったこと…

駐車場待ちをしているときに、なんか変だと感じ調べたら、場所が違っていました。

 

品川駅すぐにあるのは、「アクアパーク品川」という名前なのですね。テレビで見たことはあったのですが、名前を覚えておらず…全く( ˘•ω•˘ )

 

子どもと楽しむアクアパーク品川

 

f:id:mami-ne:20170823161305j:plain

 

アクアパークは、イメージしていたような水族館ではありませんでした。現代アートや現代技術と水族館との融合したエンターテインメントという感じです。

 

入館してすぐのフロアでは、夏らしく花火をイメージ。大きな海賊船もアトラクションとして存在感抜群です。

次のフロアでは、水槽の画面を触ると3D画像がグルグルしたり、うようよしたり(笑) 子供は、魚を見るよりも、タッチパネルを触って楽しんでいます。

 

何気に好きだったのは、金魚のいるフロア。ピンポンパールちゃんが大きくてかわいかったです。

 

(ここまでは、写真撮っておらず…)

 

その後、クラゲのフロアが、幻想的でした。ここは思わずパチリ

f:id:mami-ne:20170823161510j:plain

天井や壁が鏡張りになっていて、様々な色のライトが無数に映し出されているんです。

そして、その中でゆわりふわりとしているクラゲたち。

 

キレイでした。

 

f:id:mami-ne:20170823161655j:plain

 

この空間は、ちょっとカップル空間な感じです。

 

イルカショーは、カッパ必須?

 

その後、イルカショー♪

 

早めにショーのホールに行ったので席は選び放題だったものの、一番後ろの席に座った私たち。

前の方の席は、濡れるとのことでカッパが販売されています。

 

f:id:mami-ne:20170823162213j:plain

 

イルカショーは、8月末までハイチューとのコラボの特別バージョンでした。

ジューシーな青リンゴを7つ探すんです♪

 

イルカたちも探すのですが、その間、本当に前の方の席は水をかけられまくっていました( ゚Д゚)

これでもかーー!!というくらいです(笑)

 

カッパをしっかりとかぶり、濡れないようにしている人を見るのが面白いという私…

 

後ろの席で、ちゃっかりとショーを楽しんでいました。

子どもは、濡れた方が楽しいかもしれませんね。

 

その後のフロアは、水族館。イルカショーが終わったタイミングですごく混んでいたのですが、ノコギリザメやマンタなどは迫力ありです!!

 

あとは、ヤドクガエルがいてちょっとテンションアップです。

 

電車で行っても、アクアパークは品川駅から近いのですが、今回は車で行きました。

首都高がどうしても渋滞になってしまうのですが、子供たちは帰りの車で眠って疲れをとってくれるのです。

 

www.aqua-park.jp

 

ぜひぜひ、夏の想いでの一コマに♪