ママみらい ~ママの未来を素敵に変えるためのヒント~

男の子2児を持つ30代ママ。ママとして女性として素敵になるためのライフワークをつづります。1級カラーコーディネーター。一つ結びママのためのジュエリー級ヘアゴム専門店「マミーネ」オーナー

蒸し暑い季節は髪をアップして涼し気に魅せるのがママのおしゃれのポイント

こんにちは、マミーネショップオーナー松山です。

 

明日は、また夏のような暑さになるようです。

冬は寒くておろしてしまう髪も、この頃は縛ってないと暑苦しくなってきました。

 

私は、骨格ナチュラルなのでもう少し髪が伸びたらナチュラルっぽいパーマを美容室でお願いしようと思っています。

それで、ゆるくこなれ感のある一つ結びをするのがこの夏の目標です。

 

蒸し暑い季節は髪をアップして涼し気に魅せるのがママのおしゃれのポイント

 

タイトルのように、夏場のロングヘアは首にまとわりつき、べたつきマックスに感じます。見ているこちらも、「縛った方がいいんじゃないの?」と思うことも…

 

特に、髪の量が多い女性ですとなおさら。

 

結ぶのは似合わないと思っているなら、まずその固定観念を替えていってほしいです。

(ただ、骨格的にはナチュラルやウェーブは似合わないとされています。。。)

 

例えば、顔に自信がないから顔を隠すような髪形をしている場合、それによってなんだか暗い雰囲気を作り出しているかもしれません。

 

そんな時は、人が目を引くポイントをほかの場所に移してあげるのがおすすめです。

 

そこで一番簡単なのがアクセサリーです。

耳に大き目のレトロ感のあるピアスを付けることで、顔を隠さなくても小顔効果が演出されます。

また、おしゃれ眼鏡を大き目デザインにするというのもいいです。

 

マミーネでは、ジュエリー級ヘアゴムを専門に扱っておりますが、ヘアゴムをゆるっと耳の脇くらいで結ぶのもいいですね。

 

キラキラするものに、人は目を引きます。

 

私は、いかにこなれ感のある一つ結びができるか、日々研究中です。

こなれ感があるながらも、風で乱れたりしないのが理想。

なかなか難しいんですね。

 

 

f:id:mami-ne:20170510153802j:plain

 

後ろ姿は、顔よりも人に見られているんです。

だって、目が合うことがないから(笑) 知らない人とかにも観察されているのですね。(私もしていることありますし)

 

なので、前は化粧でどうにかして、後ろ姿はジュエリー級ヘアゴムヘアゴムで格上げします。簡単だけど、華やかに。めんどくさがりでも、毎日できるから助かるのです。

 

サラッと一つ結びして、涼しげママになるのも悪くないですよ。