ママみらい ~ママの未来を素敵に変えるためのヒント~

男の子2児を持つ30代ママ。ママとして女性として素敵になるためのライフワークをつづります。1級カラーコーディネーター。一つ結びママのためのジュエリー級ヘアゴム専門店「マミーネ」オーナー

子供のために朝ご飯を用意しよう。脳科学者の川島隆太先生「ホットケーキで「脳力」が上がる」

こんにちは、マミーネショップオーナー松山です。

 

この前、子供のPTAの時にとある男性が話をしていました。

「子供にスマホをやらせるとバカになる。脳科学川島隆太先生の本を読んでほしい」と。

 

そんなわけで、私は早速川島隆太先生の本を読んでみることにしました。

 

 

健全に子供が成長してほしい、そのためにママができること

 

 


ホットケーキで「脳力」が上がる
2015年)

 

読んだのは、「ホットケーキで「脳力」が上がる」という書籍です。タイトルからすると、ホットケーキを食べると頭が賢くなるようなイメージ。

 

いったいどのようなことが書いてあるのだろうと、ドキドキしながら読み始めました。

朝ご飯は、パンよりご飯を食べよう

 

タイトルとは裏腹に、朝ご飯の話が始まります。

朝ご飯を食べる子供と食べない子供では、食べる子供の方が学力が高いという研究結果が出ています。

 

この本自体、2015年に出版されており、ニュースなどでも話題になったことがあるのでご存知の方は多いかもしれませんね。

 

また、朝ご飯を食べる子供の方が、肥満の傾向も少ないようです。

 

朝ご飯と言っても、ご飯を食べるだけでなく、おかずと組み合わせることで栄養のバランスがよくなり脳にいい影響が出るんです。

 

パンよりご飯をおすすめする理由としては、パンというのは砂糖が多く含まれているんです。

GI値をいうのは、ダイエットに関心のあるママでしたら聞いたことがある言葉だと思います。

低GI食品」などという食品として、ソイジョイなどがありますね。

 

パンとご飯を比べると、ご飯の方がGI値が低くなります。

朝ご飯にご飯を食べることで幸福感や日常生活の規則正しさ、時間管理能力にも影響が出てくるそうです。

 

私は、次男の園決めの際、ご飯食をする園の方針にとても共感しました。毎日ご飯を持たなければならないのですが、そうすることで毎朝ご飯を食べるようになると。

 

ご飯は、腹持ちもよく、様々なメリットがあることがこの本を読んでいても分かります。

 

スマホ・ゲーム・テレビの時間を決めよう

 

私も、半年ほど前からスマホを持ち始めました。

なんとも便利で、ついつい見てしまいます。

 

ただ、スマホやテレビの見過ぎは脳にはよい影響は与えないようです。

受動的になり、脳の一部分しか使われず、むしろ脳が収縮してしまう可能性もあるくらい。

そう聞くと、子供のゲームやテレビに対する接し方をママは真剣に考える必要があると思いませんか?

 

絶対に見てはだめ!!とする必要はなく、時間を決めてやる分にはむしろいい効果も出る可能性があるとのことなので、子供と約束をするといいかもしれませんね。

 

 

ホットケーキは子供と一緒におやつに作ろう

 

本を読み進めていく中で、全然ホットケーキの話が出てこなかったのですが、やっと出てきました。

 

朝ご飯にホットケーキを食べるのではなく、おやつに子供と一緒に作るのがいいそう。

そうすることで、子供と親が関わる機会が作れますね。

そして、子供の心にも素敵な影響が出てくるそうです。親にとっても、育児に対するストレスが軽減されていくらしいのです。

 

 

ホットケーキは、コスパもよく作るのも簡単。子供は卵を割ったり、かき混ぜたり。少し大きい子供なら、フライパンでひっくり返すこともできますね。

 

私の子供たちは、「しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)」という絵本が大好きでした。ホットケーキが焼けていくシーンは、想像するだけでもおいしそうなんです。

 


しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

 

最後

 

この本を読んだ後、早速ホットケーキミックスを買ってきました。

今週末、子供と一緒に作ってみます。

 

子育て世代の30代ママさんには、ぜひとも読んでほしいと思った「ホットケーキで「脳力」が上がる」。

 

子供が健全に、そして賢く育ってほしいと願ったとき、ママに何ができるかを考えていただけたら何よりです。

 

 

新作の「クロスパールのヘアゴム 2カラー」です。>>ショップページ