My Way. Love My "like"...♪

「私らしく、私の好きを大切にする」日々、大切にしている好きなこと。

2歳や3歳の子供の子育ては本当に大変?育児に疲れたり悩んだりしたら、読んでみるといいかも「子どもの本当の気持ちが見えるようになる本」

こんにちは、輝きアイテムをプラスして「ママ、いーね。」なママになるチャトンデコレーターのマミーネです。

 

ご入園・ご入学、本当におめでとうございます。

今日は、朝からさくら散らしな雨ですね。

傘を差し、スーツやワンピースでオシャレをした新1年生を朝はたくさん見かけました。

雨の中でもしっかりと傘をさした姿は立派でした☆

 

今回は、子育てに悩んだ時におススメの本のご紹介です。

 

 

元保育士でこどもコンサルタントの原坂一郎氏の著書「子どもの本当の気持ちが見えるようになる本」です。

 

一言でいうと、もっと早く出会っていたらもっと子育てが楽しくなっていたのじゃないか!!って思いました。

 

「子育てあるある」的なことと、理解不能そうに感じる子供の脳みそを解説してくれています。

 

一番大切なのは、子どもはお母さんが大好きだってこと。

 

無邪気で・わがままで・自分勝手で・・・本当に手の焼けるような我が子。

そんな我が子も、一番は「ママが大好き」なのだそうです。

 

確かに・・・この本を読むまで、そんなシンプルなことに気づかなかった。

子どもの行動のすべてに、「ママが大好き」が隠されていた。

 

うちの次男は、パパと寝ることってほぼありません。お風呂もほぼ私。

「たまには、一人でゆっくりと入りたいな~」と思うことがあります。

でも、それも「ママが大好き」だから。

そう思うと、仕方ないのかな♪になります。

 

怒ってばかりの自分に嫌気がさす。

特に、毎日のようにいっしょにいればいるほどに、怒る回数が増えます。

そして、夏休みなどの長期的なお休みになると、ほとほと怒ってばかりの自分、静かにしない息子に嫌気がさします。

 

大人からしたら当たり前にできることも、子どもはできない。

「なんでできないの、当たり前のことじゃん。」と思ってしまうのですが、「できなくて当たり前。」と思った方がいいみたいです。

 

子どもが大人から叱られる行動の99%は、人生経験が少ないことによる「経験不足」と「無知」からくるもの

と著者が考えているようで、

どんなことも10回は教わらないとできない

 

と思って子育てをした方がいいようです。

 

大人でさえ、1度で覚えられないことはたくさんありますね。

2度目、3度目でやっと覚えられた。

φ(`д´)メモメモ...ってして、何度も教えてもらわなくていいように工夫した。

など、大人は大人なりの対処方法を知っていますが、子どもは対処がまだできません。

 

それ以外にも、子供なりの事情がたくさんあるようです。

  • 手先が未発達で力が弱い
  • したいと思ったら後先考えずしてしまう
  • 言われたことの半分しか理解できない
  • 思ったことをうまく言葉で言えない

 

後半の半分は、大人でもできない場合がありますね(笑)

 

こうゆう事情を知った上で子育てをすると、もう少し子育てが楽になるかもしれません。

お母さんだって、子育ては無知の初めてのところからのスタートです。子供というものを知り、理解して子育てをすることで気持ちにも余裕ができるかもしれません。

 

この本は、2歳から3歳くらいの自我やイヤイヤ期のお子様を持つお母さんを対象とした本だと思いました。

うちの次男も、やんちゃな盛り。最近は、大きくなって抱っこするのがしんどくなりました。以前はしてくれなかった手つなぎを、次男からしたがるようになったのが非常にうれしいです。

 

つくばみらい市コミュニティセンターの図書室にて借りられますよ☆

 

子育てのお話もしながら、チャトンデコのキラキラアイテムを制作してみませんか?体験レッスンも随時受け付けております。

レッスンの申し込みやお問い合わせ、オーダーなどは、こちらからどうぞ

>>キラキラ小物のお店“Mami-ne”(マミーネ)