読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ままみらい

男の子2児を持つアラサーママ。ママとして女性として素敵になるためのライフワークをつづります。1級カラーコーディネーター。ジュエリー級ヘアゴム専門店「マミーネ」オーナー

東山魁夷の障壁画展&水戸梅まつり つくばみらい市から水戸へ行こう。

つくばみらい市・観光

こんにちは、まつやまです。

 

今年は、美術館に2回は行きたいと思っています。たった2回と言えども、なかなか行けない私。

チャンスは、ここぞとばかりに積極的にならないと!!ということで、水戸梅まつりと合わせて「東山魁夷 唐招提寺御影堂 障壁画展」に行ってきました。

 

www.modernart.museum.ibk.ed.jp

 

つくばみらい市から水戸へ

 

茨城県は比較的縦長なので、県南から県北に行くのは思った以上に時間がかかります

。正直、つくばみらいからなら東京へ行った方が近いくらいです。

東京までなら、電車でも約40分くらいでついてしまいます。

 

茨城県近代美術館は、朝9時半からということで、8時半に出発しました。

途中、友部のサービスエリアに寄り道をして10時過ぎごろに到着したでしょうか。

 

f:id:mami-ne:20170227143938j:plain

 

助かったのは、一番近くの駐車場が空いていたことです。以前、美術館に来たときは、臨時駐車場に停めましたが、結構な距離を歩いた記憶があります。

駐車場自体は有料ですが、美術館に手チケットを購入する際に返金してくれます。

 

美術館に行くと決まっているときは

前もってセブンイレブンなどで前売りチケットを購入しておくとスムーズです。

今回は、前売り券があるのを知らず、並んで購入しました。

 

7ticket.jp

↑期間限定のチケットとなります。

ただし、土曜日(例外あり)は小中高生は無料とのことで、前売り券を買うときは注意が必要ですね。

今回は、大人2枚分で2,160円でした。

 

東山魁夷の障壁画展の感想

 

そもそも、東山魁夷を知りませんでした私。たまたま、図書館のイベントパンフのコーナーにて見つけたのです。

パンフレットの表紙には、「唐招提寺御影堂障壁画 山雲」が載っていました。

 

障壁画と言っても、この場合は分かりやすく言うと「お寺のふすま」です。

実物、どのくらいの大きさでどのくらいの迫力があるのか非常に気になりました。

 

実際に実物を見てみると、非常に興味深いです。

 

何枚ものふすまを使い一つの風景画を描いています。

ただ、一枚のふすまを見ただけでは、立体感は感じず、全てのふすまを見ると見事なまでの立体感。非常に奥行きを感じます。

 

日本の山々の風景と、中国の特徴ある岩山の風景。

 

どちらも素晴らしく、絵の中に引き込まれ、その場にいるような感じになってきます。

 

これだけの大作を描くのは非常に大変だったのも、展示会では紹介されています。

 

東山魁夷は、日本の様々な山々や海を旅し、中国にも訪れています。

そして、まずは小さな設計図から構図を決めて、障壁画に。

 

自分よりも大きな障壁画に、これだけの奥行きを出した絵を描くことがすごい。ただ、すごい。

 

水戸では梅まつりも開催中。

www.mitokoumon.com

 

2017年は、2月18日から3月31日まで。

公式サイトでは、開花状況も載っています。

f:id:mami-ne:20170227160041j:plain

 

中学生ボランティアが、写真を撮ってくれました。

あまり4人で撮ることのない写真。(夫がカメラマンになるため)

結構貴重(爆)

 

千波湖周辺の広場がおすすめ

 

千波湖周辺、数年前にも行ったことがありますが、結構変わっていました。

梅が今はきれいですが、4月頃には桜がきれいそうです。

f:id:mami-ne:20170227160716j:plain

 

広場の橋から偕楽園の方を撮影。

好文亭が見えます。

 

広場では、ピクニックもできるし、千波湖で白鳥ボートに乗って楽しむこともできます。

 

ただ、結構広くてこの日は1万歩歩きました。

普段5千歩も歩かないので、かなり疲れました(*_*;

 

 

まとめ

常磐自動車道を使えば、つくばみらい市から水戸までは1時間半ほどでつくと思います。

電車では行くことのない水戸ですが(常磐線へのつくばエキスプレスからの乗り継ぎが不便なため)、偕楽園日本三大名園の一つです。

一度は訪れてほしいスポットです。

 

ネットショップ→https://mamiine.thebase.in/

 お問合せ→お問い合わせ | マミーネ

よかったらフォローもお願いします♪(更新不定期)

インスタグラム→mamiine2

 

新作「迷彩柄ヘアゴム」可愛くカジュアル?カッコよくカジュアル?

お知らせ ヘアアクセ

マミーネショップオーナーの松山です。

 

春に向けて、ピンクや水色など無彩色のような冬から解き放たれるような気がします。

雪国ではないのですが・・・

自分のコーデがモノトーンが多すぎて・・・(;'∀')

 

今回は、迷彩柄ヘアゴムをご紹介します。

f:id:mami-ne:20170224161035j:plain

 

迷彩柄というと、メンズライクな印象が強いです。

でも、マミーネで今回制作したのは、

女性らしいローズ系カラーの迷彩柄と、爽やかなブルー系カラーの迷彩柄です。

 

こちらのヘアゴムのパーツは、存在感抜群の2.2センチ!!(←ちょっと半端)

 

手に持ってみますと・・・

f:id:mami-ne:20170224161447j:plain

指2本分くらいあるでしょうか?

 

マミーネの松山がいつもつけているのは、こちらよりも小さいサイズの1.5センチですが、そちらと比べると

f:id:mami-ne:20170224161552j:plain

結構違います。

7ミリの直径の違いですが、全然違うのは松山もΣ(・ω・ノ)ノ!な感じです。

 

※写真中、上のピンク系ミックスカラーのヘアゴムも新作です。

 

ブレスレットの代用にもなります。

存在感抜群なので、ヘアゴムとしてだけでなく、ブレスレットの代用としてもいかがでしょうか?

f:id:mami-ne:20170224161749j:plain

 

正直、腕時計が負けてしまいそうな存在感ですが、おしゃれ度はかなり上がります。

 

こちらのヘアゴム、一つ一つを手作りしているため、迷彩柄としてのデザインも異なります。

 

オーダー後、お客様のために制作いたします。

 

また、つくばエクスプレスみらい平駅近くの美容室Viveさんにても1点ずつ販売中です。こちらは、売り切れてしまう場合もございますのでご了承くださいませ。

 

ネットショップ→https://mamiine.thebase.in/

 お問合せ→お問い合わせ | マミーネ

よかったらフォローもお願いします♪(更新不定期)

インスタグラム→mamiine2

あんこ好きなら絶対読むべし!全国のあんこの和菓子コンプリートしたくなった本

おすすめ本

素敵ママになるためのアクセサリーショップ「マミーネ」オーナーの松山です。

 

 

私は、小さい頃からお婆ちゃんに食べ物の好みが似てると言われていました。

お婆ちゃんはあんこが大好きだったのです。

私も、あんこが好きで、「粒あん」と「こしあん」なら、「粒あん派」です。

なんとなく粒あんの方がお腹にたまる気がします(笑)

 

 

 あんこ好きが読むべき本を紹介します。

 

 

あんこのことがすべてわかる本: つくる、食べる、もてなす

新品価格
¥1,620から
(2017/2/17 17:21時点)

 「あんこのことがすべてわかる本」というタイトル。なんて魅力的なのでしょう!!

全て知りたい私としては手に取らずにはいられませんでした(笑)

 

本当にすべてがかいてある。

もちろんですが、作ることに始まり、食べること、あんこに関する歴史やいろいろな小ネタ。

これまでに色々と粒あんの缶やパックを買い、原材料と味の関係を考えてきました。それが、この本を読むことで一気に解決です!!

 

小豆とともに入っている原材料、ソルビトールや水あめの役目、最近の甘さの傾向など、「なるほど~」という感じです。

 

本当に全部書いてある。おいしそう!作りたい!!とよだれが出てきそうな内容でした。

 

私の粒あんの意外とおいしい食べ方

和菓子が食べたいと言うよりも粒あんが食べたい私は、粒あんを買いアレンジしてたべます。

あとは、12月ごろに小豆がスーパーに置かれると買って自分で粒あんを作ります。その方が自分の好みの甘さに調整できるのでおすすめです。

 

市販のものは、甘いものが多いです。ただ、甘さにもいろいろな種類があり、自分の好みの甘さを見つけるのも楽しいです。

 

ちなみに、一時期すごくはまったのは、8枚切りの食パンにチーズと粒あんをはさんで食べるというもの。

チーズの塩っ気と粒あんの甘さが絶妙なんです。

家で簡単に作れるのでぜひぜひ試してほしいです(*´ω`*)

 

全国のあんこの和菓子をコンプリートしよう!

この本を読んだことで、一つ夢ができてしまいました(笑)

あんこのことがすべてわかる本 」には、47都道府県のあんこ菓子のリストがついているんです。

 

茨城県では、「みやびの梅」(水戸市)と「常総市のだんご」(常総市)が紹介されていました。

なぜか、常総市のだんごは写真がなく、実物がどんな感じなのかすごく気になるところ。

近いので今度行ってみようかと思います。

 

今まで食べたことのあるあんこ菓子

かもめの玉子」(岩手県

「もろこしあん」(秋田県

「薄皮饅頭」(福島県

「家伝ゆべし」(福島県

「人形焼」(東京都)

「落花生パイ」(千葉県)

「ぴーなっつ最中」(千葉県)

「飛あゆ」(岐阜県

赤福餅」(三重県

かるかん饅頭」(鹿児島県

全10種類

そのほか、葛饅頭とか羊羹も食べたことはありますが、本に載っているものではありません。

 

例えば、旅行の計画を立てるときに、一か所ずつあんこ菓子を食べていくの、すごく楽しいな~と思ってしまいます。

 

けっこう出不精なのでこうゆう楽しみがないと出かけないのですね。それでも、今年はなるべく予定を作りそとに出ようとしています。

 

まとめ

見ていたら、お腹がすいてきてしまいました。

ひとつ、また楽しみができたと思うとすごくハッピーになりませんか?

30代子育てママは、もっと自分の楽しみを見つけ楽しんで生活していけたら、この先の人生がもっと輝いてきます。

 

ステキな本との出会いも、素敵な人生の一つです。

 

ぜひぜひ、和菓子好きさん、あんこ好きさんはこの本を読んでみてほしいです。

 

ネットショップ→https://mamiine.thebase.in/

 お問合せ→お問い合わせ | マミーネ

よかったらフォローもお願いします♪

インスタグラム→mamiine2