読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ままみらい

男の子2児を持つアラサーママ。ママとして女性として素敵になるためのライフワークをつづります。1級カラーコーディネーター。ジュエリー級ヘアゴム専門店「マミーネ」オーナー

ホリエモンの本は一冊読めば十分。時間は何より貴重な資源

雑談 おすすめ本

こんにちは、マミーネショップオーナー松山です。

 

連日の本レビューとなっています。

というのも、子供が熱でダウンしていたとき、仕事ができずに本ばかり読んでいました。

 

今回は、2冊目となる堀江貴文さんの本です。

 

読んだ時間を無駄にしない生き方をしよう

 

去年、旦那が堀江貴文さんの「ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!」が読みたいといったことがきっかけで、私は「本音で生きる (SB新書)」を読んでみました。

 

そして、今回読んだのは、「99%の会社はいらない (ベスト新書)」というタイトル。 

 


99%の会社はいらない (ベスト新書)

 

タイトルからすると、世の中の99%の会社な不要なものであるという意味なのかと思いました。

 

ですが、タイトルが違っても堀江さんが伝えたい内容は同じに感じました。

 

小利口タイプは損をする?

 

堀江さん曰く、「社長にはバカか天才しかいない」のだそう。

リスクを考えないから行動できるんですって。

 

そう考えると自分は、小利口なタイプかもしれませんでした。特別、頭がいいわけでもありませんが…結構先のことを考えると、「どうせ」みたいな感じで行動できなかったんです。

 

それが、結婚して子育てをしたことで意識が変わりました。

子育てをしたら、今まで時間を意識していなかったのに、すごく気にするようになったんです。

それは、自分の時間で生活できていなかったからだと思います。

 

全てを子供サイクルに合わせていたら、見事に自分の時間が無くなってしまったのです(苦笑)

そこから、「自分の時間作り」が私の生活の中での大切なポイントになりました。

 

「限られた時間の中で、自分のしたいことをする」と考えると、後先のこととかあまり考えなくなるようです。

 

そして、カラーに興味を持ち、カラーコーディネーターを取得し、グルーデコに興味を持ち、クリスタルグルーデコラティブアーティストになりました。

 

今も、さらにやりたいことを見つけてしまい、そのためのスケジュールを調整しているところです。

 

「捨てる力」すべてを捨てることはできる?

堀江さんは、家を持ちません。家族も持ちません。

ホテル暮らしで、必要最低限のものを持っているだけなんです。

 

とにかく、やりたいことのために生きている感じ。ちょっと変わったところもありますが、サラリーマン的常識なんて馬鹿げたものなのでしょう。

 

残念なことに、私は家族を捨てることはできません。自分のものは、できるだけ少なくなるようにはしています。

私のシンプルライフは、堀江さんと比べることはできませんが、自分の時間のためにも、持っているものはなるべく少なくした方が余計なことに時間を割かなくなります。

 

最近、捨ててもいいと思ったのは、テレビ。

そして、捨てたのはポケモンGOです。

 

常習化したポケモンGOなのでしたが、マンネリ感とスマホのバッテリー消費の激しさから捨てることにしました。

捨ててみると、結構スッキリするものです。

 

テレビについては、旦那がいる限り捨てることはできないでしょう。

出来ればリビングからなくしてしまいたい。

 

好きなことをする

 

堀江さんは、時間は有限なのだから、会社とかにとらわれて時間を拘束され、好きなことをしない人生なんて送るなというメッセージを送っています。

 

私も、ときおり心ぶれるときがあるんですね。会社勤めした方がよっぽど安定して収入が得られるのではないか…とか(笑)

 

でも、そうして失うのは好きなことをする時間かもしれません。

 

せっかくの今の時間をもう一つ好きになっている試してみたいことに使ってみるのいいかもしれません。

 

母親に言うと、「そんなことしてお金がもったいない。うまくいかないんじゃない?」と後ろに引っ張られてしまうんです。

そんなことにも、もう大人なんだから気にしないようにしないと。

 

最後

 

堀江さんは、本の中でも「この本を読む時間さえもったいない」と言っています。

 

極限まで無駄なことはせずに自分でないとできないことをする堀江さん。

 

彼のように何もかも捨てることはできませんが、私にとっての自分の生き方をしっかりと持つ意思固めになる本でした。

 

子供が夢中になっているとき、親は気軽に声をかけちゃダメ。「子供の夢中を止めない小さな習慣」

子育て

こんにちは、マミーネショップオーナー松山です。

 

何かに集中している子供の姿は親にとっては誇らしい気分になりますね。その「何かに集中できる」というのは、どうやったらできるのか?

 

「うちの子は落ち着きがなくて、何かを始めてもすぐに違うことをしている」と思っているママも少なくないはず。

また、集中できるほどのものがなく、とりあえずゲームばかりテレビばかりしている。そんな子供も多いかもしれませんね。

 

子供の夢中をむやみに止めてはいけない?


創造力が伸びる! 子供の夢中を止めない小さな習慣~12歳で息子が『文房具図鑑』を出版するまで~

 

読んだのは、12歳の息子さんが書いた「文房具図鑑」が出版されたというママさんの書籍です。

 

著者は、この書籍の中で、自分の子育ての中で子供の夢中をどうやって伸ばしたか。カテゴリーごとに分かりやすく書いています。

 

ただ、「すごい参考になった!」という感想はありません。というのは、子供のタイプや環境が違うからです。

 

大量のレゴをこの先どうするか

 

我が家には、レゴが大量にあります。幼児の時からはまりだしたレゴ。そのシリーズはたくさんあり、誕生日などにプレゼントで親・祖父母などから10以上もプレゼントとしてもらいました。

 

一回作ると、しばらくして壊してしまうレゴ。

大量に子供部屋に散らばってしまったレゴを片付けるのは本当に大変でした。

時々、自分の創意工夫で好きなものを作って楽しんでいますが、今では多すぎて収拾がつかずに段ボール箱に入れて、押し入れに入っています。

 

そんな時、この書籍にて文房具をレゴで作ったペンケースに入れているのを発見。

ペンケースや小物入れにして蘇らせてあげれば、タンスの肥やしにならないで済みそうです。

 

といっても、ペンケースにもならないレゴ、次男が受け継いで作ることに夢中になってくれるのでしょうか…

 

捨てるか捨てないか

 

著者は、子供の書いたものなどを色々と工夫して残しておくのが好きなようです。それによって、子供に「あなたを大切にしている」を伝えているようです。

 

読んでいると著者の子供への愛情がすごく伝わってきて、読んでいて自己否定してきそうになります。

 

私は、そんなできた母じゃないです。

私は、色々なものきっぱりと捨ててしまいます。

 

私にとっては、「もの」というのに執着する気がないんですね。過去も大事だけど、これからもっと大事な未来があるから、そのためにこどもをしっかりと育てたい。

 

断捨離も幾度となくしています。小さい家に住んでいて、収納も限られている。だから、本当に取っておくものしかとっておきません。

 

私は、著者の子供への愛情の深さが重くて一度本を読むのを辞めようと思いました。正直、劣等感の塊になりそうだったのです。

 

それでも読めたのは、子供が何か夢中になれるヒントが少しでもあれば…ということでした。

 

自分の世界の持ち方

 

子供の性格を「静」と「動」に分けるとしたら、うちの子は二人とも「動」だと思います。

私は、子供が小さい頃は毎日のように公園に連れて行っていました。体をいっぱい動かして体力をつけたり、自然の生き物や植物に触れたりすることで成長してほしいと思ったからです。

私自身が、家の中で育児をしているのがしんどかったというのもありますが…

 

そのせいか、子供たちは二人とも昆虫が大好きになりました。

 

長男は、夏になると虫取りに奔走しています。次男も、虫図鑑で調べたり、とても一生懸命で夢中になっているのを感じます。

 

なので、そこは虫がそんなに好きではない私も、お付き合い。

 

ダンゴムシを捕まえたり、トンボやバッタなど公園に虫取り網を持っていき、いろいろと捕まえていきます。

 

著者の息子さんは、「静」のタイプだったようです。子供で静のタイプはどちらかというと少ないのでしょうか?

知り合いのお子さんで、「静」のタイプの子がいました。外でも、じっと何かを観察しているタイプでした。

 

夢中になるものは、人それぞれです。

そして、そのきっかけは親も関係していると思います。

私は、自分がポケモンを子供のころから好きだったので、子供もポケモンが好きになりました。

今は、「ポケモンしりとり」と長男とたまにします。ポケモンだけでしりとりをつなげるのですが、まだどうにか勝てている私。そろそろ負けてしまいそうな気がします。

 

最後

家族構成によっても、子供の育ち方や興味の方向は違ってきます。

 

この書籍では、「文房具」が大好きな男の子でした。

「〇〇」は、その子によって違う。そうゆう意味で、参考になるところもならないところもありました。

 

アマゾンのレビューでも意見がはっきりと分かれています。

私は、さっぱりした性格なので、このような愛情あふれる本を書くことはできないと感じるばかりでした。

 

もちろん、子供を育てることには私も一生懸命です。

 

読んだのはこちら>>創造力が伸びる! 子供の夢中を止めない小さな習慣~12歳で息子が『文房具図鑑』を出版するまで~

 

 

新生活、子供部屋を作るか悩みませんか? 「なぜ、子供部屋をつくるのか」何歳から子供部屋が必要か?

おすすめ本 子育て

こんにちは、マミーネショップオーナー松山です。

 

新年度で子供の行事やお仕事でこちらまで手が回っていませんでした。ただ、パソコンは開かずとも隙間時間では本を読んでいたので、しばらくは書籍のレビューになります。

 

私が読む本は、自分のための自己啓発本、家族のための健康本、子供のための教育指南書的なものが多いです。

 

今回は、子供が成長した時に必要となってくる「子供部屋」に関する書籍です。

 

 


なぜ、「子供部屋」をつくるのか (集中力・思考力は個室でこそ磨かれる)

 

この書籍は、芥川賞作家の藤原智美さんが執筆したものです。

 

書籍では、「子供部屋のあり方」「子供部屋の使い方」「子供部屋の役割」などを著者がインタビューや海外の子供部屋のあり方、日本の過去の子供部屋などの視点から、模索しているものです。

 

結論から言ってしまうと、「こうゆう子供部屋がベスト!!」という答えはありませんでした。

 

例えば、研究屋さんが「こうゆう研究成果が出たから、子供部屋はこうすべし!!」みたいなものがありません。

 

なんというか、著者がもくもくと子供部屋の在り方を探っている感じがします。

 

ただ、芥川賞作家だけあり、読み物として読んでいても面白いので完読しています。

 

子供部屋はありますか?

 

ここからは我が家のことについてお話しします。

 

我が家には子供が二人いますが、子供部屋として一人ずつに部屋は今のところ用意していません。

リビングの隣の部屋(6帖)を二人で共有。また、家族の布団なども押し入れにはしまわれています。

 

リビングの隣に子供部屋を当てた理由は、「帰ってきて子供部屋に入るときに、必ずリビングを通るから」

 

以前、知り合いの方で玄関を入ってすぐの部屋を子供部屋にしたら、帰ってきてもリビングに顔を出さないで出掛けてしまうと話していました。

 

このことに関しては、書籍でも話題として触れられていました。

 

家のレイアウトにもよりますが、一階と二階で分断されたり、廊下で分断されることで子供との距離が離れてしまうのです。

 

また、分断されることで子供部屋がどのように使われているかわからないブラックボックスになってしまう危険性もあるのです。

 

私は、こうした理由からリビングの隣を子供部屋にしています。

 

子供が成長して「一人部屋がほしい」と言ったら

 

最近、小学校低学年の長男が「もう一人で寝たい」と言いました。

我が家では、寝室にシングルベッドとダブルベッドをおいてそれぞれが寝ています。(夫は、別部屋で寝ています。)

 

昔ながらの川の字寝は、子供の寝相で私が眠れなくなってしまうので、一人一つのベッドにて寝ています。

 

欧米では子供は赤ちゃんの時から一人寝をします。幼児の時には、子供部屋で一人で寝るように育てられるようですが、これは「早く自立してほしい」という親の想いがあるそうです。

それが、一人で寝るのが当たり前、子供の自立を促すという欧米の文化なのです。

 

長男の「一人で寝たい」というのは、自立の一歩として無視してしまうのは良くないと思いました。

 

なので、一人部屋計画を考え中です。

 

子供部屋で勉強に集中できるようにする

 

リビングの隣の部屋というのは、子供との距離が近くていいと思います。

ただ、逆に言うと集中できない。

 

休日に、子供が自室で何かをしていると夫がのぞいたり、「テレビを見よう」と誘ったり、せっかくの自分の世界を邪魔されている感があります。

 

また、勉強しているときには、リビングで次男が遊んでいる声が気に障るようで怒っていることがよくあります。

 

どこの部屋いおいても、デメリットもメリットもあります。

 

書籍のサブタイトルに「集中力・思考力は個室でこそ磨かれる」とあります。

後日書く書籍のレビューにもつながりますが、やはり自分の世界をもち、集中したり、思考力を膨らませるのは楽しいことだと思います。

 

私は、小学生のころ漫画家になりたくて、自室で漫画を一生懸命書いていました。きっと、そうゆう自分の世界を持っていたことは、今の私が、何かに向かって頑張れることにもつながっていると思うのです。

 

もちろん、勉強もしていましたよ(笑)

勉強中に、リビングで親や兄弟がテレビを見て爆笑していると、やはり気になってしまっていたので、そうゆう意味でもリビングと離れていた方が「自分の世界」を持つ子にはいいのかもしれません。

 

最後

 

子育てに正解がないように、子供部屋にも正解がないように感じました。

書籍の中でも、「こうすべき」というのははっきりとは示されていません。

 

ただ、子供部屋によって、集中力や思考力は育てられるのかもしれません。

一人で本を読んだり、ゲームをしたり、絵をかいたり、時にはスクワットをしたり。

人には見られたくない努力もたくさん詰まっている部屋です。

 

これから、長男のために個室を用意しようと夫と相談してみます。

 

読んだ本はこちら>なぜ、「子供部屋」をつくるのか (集中力・思考力は個室でこそ磨かれる)

 

ネットショップ→https://mamiine.thebase.in/

 お問合せ→お問い合わせ | マミーネ

よかったらフォローもお願いします♪(更新不定期)

インスタグラム→mamiine2