読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママみらい ~ママの未来を素敵に変えるためのヒント~

男の子2児を持つ30代ママ。ママとして女性として素敵になるためのライフワークをつづります。1級カラーコーディネーター。一つ結びママのためのジュエリー級ヘアゴム専門店「マミーネ」オーナー

旦那に頭に来た時に読むといい「察しない男・説明しない女」

こんにちは、マミーネショップオーナー松山です。

 

あなたは、ご主人と喧嘩しますか?

先月、週末にずっと寝ていた夫に頭にきたときに手にした本。

 

察しない男・説明しない女、まさに私たち夫婦

 


察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方

五百田達成(2014年、ディスカバー・トゥエンティワン)

 

基本的に男女は別の生き物

 

男性と女性では、脳の右脳と左脳をつなぐ連結の太さに違いがあるそうです。女性の方が強いため、一度に複数の作業を同時並行でできるとのこと。

料理などは、一度に味噌汁・主品・副品と作っていくのでそうゆうの主婦の方は日常的に当たり前にしていますね。

また、子育てをしながら家事をするのも同時並行でできたりします。

 

男性は、モノタスクで一つのことしかできない場合が多い。一つのことに夢中になると他のものが見えなくなってしまう方周りにいませんか?

 

そもそも、同じ人間だから解りあえる」と前提として異性を見てしまうとうまくいかないと思います。

「同じ人間でも考え方は全然違う」と思い、うまく生活していく必要があるのですね。

 

だって、同じ事柄についても、ママ友と話していると夫と話しているときでは、盛り上がり方が全然違います。

 

察しない・説明しない

 

タイトルは、まさにその時の私の気分そのものでした。

週末は夫は休みでも、主婦は家事があります。正直平日よりも家事が増えるんです。朝から、洗濯を何回もしているときにソファーでテレビをつけたまま寝ている夫が視界に入ると徐々にイライラが募ってくることに・・・(爆)

 

男性は、そんな状況を全く察していないようです。

 

察しないというよりも、「察せない」のでしょう。

 

そして、そんな状況に腹を立てる女性も、状況を説明できない。

 

せめて、寝るなら寝室に行くなりしてほしいと思ってしまいます。それか、手伝うか。

 

女性は、察する力が強いのだそう。

 

これは、育児をしていると分かりますね。子供の伝えたいことは、言葉でうまく出てこないことの方が多いです。

 

なんで泣いているのかな?

今日の具合はどうかな?

 

色々なことをしぐさなどから察するようにしています。

 

結論としては、「解りあえないを前提に言葉を尽くす」のがいいそうです。

 

そうゆうところ、コリコリに凝り固まった夫婦では難しいように感じますね。

 

あなたは男性・女性、どっちのコミュニケーションタイプ?

 

本の冒頭で、どちらのコミュニケーションタイプなのかを診断できます。

 

診断結果は、ド男・男・女・ド女の4つ。

 

私の診断結果は、「男」でした。

性格的にサバサバしていている。

 

ま、当たっているかな?と思います。自分でも、サバサバしているな~と10代のころから思っていました(笑)

 

ちなみに、夫も「男」タイプ。

 

二人とも男タイプなら、相性が良くてもいいように感じますけどね。

一緒に暮らすというのは、そんなに簡単なことではないです。

 

最後

 

読んでみると、「こうやって男性には話せばいいんだな」という会話術がたくさんありました。

やや会話しにくい男性には、そういった会話術を使い話すといいのかもしれません。

 

 

人として生まれたからには、「会話術」を身に着けるのは非常に重要なことだと感じる最近でした。

猫が好きならこっそりと忍ばせても、堂々と結んでも!!ママも好きなものを身に着ける。

こんにちは、マミーネショップオーナー松山です。

 

私が一番好きな動物は、猫。

今は飼っていませんが、実家にいた時には、いました♪

一緒になると、なぜか猫が中心に寝ていたり(笑)

腕枕して疲れていたり(爆)

 

猫愛は、今も続いています。(が、息子が猫アレルギーorz)

 

ロシアンブルーはお好きですか?

 

新作のヘアゴムに猫型の土台を仕入れました。

どんな猫をデザインしよう? 想像は膨らみます。

 

以前、猫のヘアピンを作ったときには・・・

 

mami-ne.hateblo.jp

 

トラ猫ちゃんでした♪

 

こちらは土台が小さいので、口は無く、つぶらな瞳がチョーカワイイデザインになりました。(小学生のママさんが購入されました。)

 

今回は、ロシアンブルー。

f:id:mami-ne:20170517164229j:plain

 

可愛いけど、ママ用に作りたかったので、気品のある猫をセレクトしました。

ママに必要な気品・上品さをイメージ。

サファイアのブルーの瞳は、冷静さを印象付けます。

 

そして、それらを合わせてかわいらしい表情に。

 

上品さがあっても、可愛いママでいたいですものね。

 

ちょこっと見えるのがまたカワイイ

 

f:id:mami-ne:20170517164803j:plain

 

髪を結ばないときでも、腕につけていたい。

 

まくった袖から見え隠れするロシアンブルーが何とも言えません(*´ω`*)

 

お仕事中、ちらっと見えるロシアンブルーに人知れず癒されること間違いなし。

 

最後

 

私も飼ってみたいロシアンブルー。可愛いさと上品さを併せ持つ猫ちゃんです。

 

ママは、「猫みたいにゆっくりしていたいわ」と思わず言いたくなるかもしれませんね。

 

 

 

「子どもの話にどんな返事をしてますか?」と聞かれたら、ドキッとしてしまうママは読んでみよう。子育てスキルをアップする。

こんにちは、マミーネショップオーナー松山です。

 

先日見つけた本、タイトルを見ると思わずドキッとしてしまいます。

私たちママは、子育ての中で子供とどう向き合ったらいいのか、いつも悩んでいるように感じます。

 

子育てには正解がないのですが、こちらの書籍では、正解に近い方法を教えてくれているようです。

 

 

子育て中の会話はスキルを上げれば、子供と衝突しない。

 


子どもの話にどんな返事をしてますか? ―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる

 

子育てほど難しいものはないと思います。リアルで男の子2人を育てている中で、長男の成長過程での変化や兄弟喧嘩、勉強への取り組み方、部屋の片づけなどなど、親の悩みの種は尽きることがありません。

 

私も、怒りたくはないと思っても怒ってしまいついつい言い過ぎてしまうことが少なくありません。

 

うまくいかないのは、愛情が足りないせいではなく…

 

子育てでうまくいかないのは、愛情が足りないためではなく、子育てのコミュニケーションスキルが足りないためだそう。

それは、そうですよね。

 

親は子どもたちとのかかわりで、特別なコミュニケーションのスキルを必要とする。・・・省略・・・ふるまいを批判するのではなく、気持ちをくむ言葉を身につけなければならない。

 

何か子供が悪いことをした時、とっさに「なんでそんなことをしたの!?」と言ってしまうこと思わずあります。

親は、信じられない・とても驚いたわという気持ちでいるのですが、それを言葉に出すとそうなってしまう。

 

この言い方だと、子供は批判された気分になるでしょう。

 

子育てに当たるときには、子どもが感じていることを理解する能力、すなわち共感の能力が非常に大切な要素となる。

 

子どもの気持ちを考える。

 

これは、分かっていてもできなかったりするんです。

 

心の中の2つの面を認める

 

よく、漫画とかで頭の上に、天使と悪魔が出てきてささやいているシーンがありますね。

人の心の中には、二つの面があることを認めることが大切だと感じました。

 

例えば、愛の反対は、憎だったりしますね。すごく愛している反面、なぜか憎んでいたりもする。それが、心の中で葛藤していることは大人でもあるはずです。

 

子どもにとっても、同じこと。

 

すごくシンプルなのは、一人では遊びたくない、でも、自分の好きな遊びじゃないと嫌だ。

そうした、心の中の葛藤を親が分かってあげることは子供にとって助けになるかもしれません。

 

褒めるときは「いい子」と言わない。

 

私は、いわゆる「いい子」チャンで育ちました。

そんな自分が嫌いでもありました。いい子ちゃんではないのに、親からは「いい子ちゃん」のポジションにつけられる。

だから、どうやってそこを崩していくかを考えたり、親がかわいそうだから自分はやめておこうと考えたりしました。

 

子どもをほめるときは、「行動をほめる」。これが大切なんです。

 

性格をほめるのは良くないんですって。

きっと、知らず知らずのうちに性格をほめていることあるかもしれません。

今は、褒めて育てるが主流の考え方でもありますから。

 

最後

 

この書籍は、ハイム・G・ギノット氏という方が書いたもの。内容が外国的な部分もありました。

この本を読んだからと言って、すぐに子供とのコミュニケーションスキルは上がらないかもしれません。

ただ、子供と向き合っている中で、無用な衝突によって子供の性格がねじれてしまうのはやはり怖いと感じます。

それは、この先ずっと影響を及ぼすわけですから。

 

いくつもの育児本を読んだ中で、一番根本的なところで「子どもを理解し共感する」を説明してくれた本です。

 

子育て中のママさん、今まさに悩んでいる最中のママさんに、読んでほしいと思った本でした。

 

ナチュラルママさんのための新作ヘアゴム↓